第1章 おいたち 

大正15年永井一家 左下 隆 上 父寛 母ツネ
大正15年の永井一家 左下)隆、左上) 父 寛、母 ツネ

 

永井隆博士は、明治41年(1908)、父 寛(のぶる)、母 ツネの長男として島根県松江市に生まれた。医師である父の影響を受け、恵まれた家庭で幼少年期を過ごした。

昭和3年(1928)、医学を志し旧制長崎医科大学(現長崎大学医学部)に入学。在学中はバスケットボール部に所属。卒業後、放射線医学教室に在籍、放射線物理療法の研究に取り組んだ。

 

画像松江中学四年

父 寛 母 ツネ
父 寛 母 ツネ

旧制長崎医科大四年
旧制長崎医科大四年

 

昭和8年(1933)、満州事変に幹部候補生として出征する。このとき慰問袋の中にあったカトリックの宗教書を読み感銘を受け、後の思想に大きな影響を受ける。
帰還後カトリックの洗礼を受け、霊名「パウロ」を授かる。
昭和9年(1934)、学生時代からの下宿先の一人娘、森山 緑と結婚する。

昭和9年
昭和9年

妻 森山(永井)緑
妻 緑

 

昭和12年(1937)7月、日中戦争に軍医として従軍し中国各地を転戦(~15年(1940)2月)。
昭和15年(1940)4月、長崎医科大学助教授となり物理的療法科部長となる。