著作

長崎の鐘 (1946年8月脱稿/1949発行)

初版

  

ロザリオの鎖 (1948年3月脱稿)

 

 

この子を残して (1948年4月脱稿)

 

 

亡びぬものを (1948年1月脱稿)

文庫

 

生命の河 (1948年8月脱稿)

 

如己堂随筆 (1957年12月発行)

 

乙女峠 (1951年4月脱稿/1952年9月発行)

 

いとし子よ (1949年10月発行)

 

花咲く丘 (1949年4月脱稿)

 

原子野録音 (1947-1951聖母の騎士誌連載)

画像

 

平和塔 (1979年11月発行)

 

村医 (1978年4月発行)

画像

 

長崎の花上・中・下 (1950- 日刊東京タイムス連載)

 

 

編集

原子雲の下に生きて (1949年発行)

初版

新書

文庫

 

私達は長崎にいた (1952年10月)

 

翻訳

世界と肉体とスミス神父 (1947年12月発行)

  

野鼠 (1949年7月)

 

論文と講演

原子病と原子医学 (1946年11月長崎医学会)

壕舎随想 (1946年10月長崎医師会館)

 

関係出版物

永井隆の生涯 (片岡弥吉著)

長崎原爆記 (秋月辰一郎著)

長崎の鐘はほほえむ (永井誠一著)

娘よここが長崎です (筒井茅乃著)

永井博士を憶う (如己堂会編)

長崎の歌 (パウロ・グリン著)

永井隆博士 (富田邦彦著)