第2章 原子雲の下

  

太平洋戦争も激しくなり、永井一家も親子離ればなれの暮らしが続く。そして敗戦の時が近づく昭和20年(1945)6月、不調を訴えた博士に余命3年の診断がくだされた。浴び続けたラジウムの放射線により、博士の五体は白血病に犯されていた。

そして、更なる悲劇が博士を襲った。蝉時雨の暑い真夏の昭和20年(1945)8月9日午前11時2分、真っ白い光り、すさまじい爆風と共に超高熱が走った。米軍機から長崎に原爆が投下され炸裂したのである。

 

画像

廃虚の浦上天主堂画像被爆した聖ヨハネ像

 

博士はこのとき、爆心地からわずか700mしか離れていない長崎医科大学の研究室にいた。これから始まる講義の準備中の被爆だった。

 

画像昭和23年の浦上原子野風景、正面は廃虚の浦上天主堂

 

「そこへ不意に落ちてきたのが原子爆弾であった。ピカッと光ったのをラジウム室で私は見た。その瞬間、私の現在が吹き飛ばされたばかりでなく、過去も滅ぼされ、未来も壊されてしまった。
見ている目の前でわが愛する大学は、わが愛する学生もろとも一団の炎となっていった。
わが亡きあとの子供を頼んでおいた妻は、バケツに軽い骨となってわが家の焼け跡から拾われねばならなかった。台所で死んでいた。私自身は慢性の原子病の上にさらに原子爆弾による急性原子病が加わり、右半身の負傷とともに、予定より早く動けない体となってしまった。」
(永井 隆著「この子を残して」より)

  

母緑の墓に祈る誠一と茅乃
母 緑の墓に祈る誠一(まこと)と茅乃